初めてのゴルフコース > 今、ゴルフが熱い!

今、ゴルフが熱い!

2007年の5月、日本のゴルフ界にとてつもない巨星が誕生しました。

今更説明不要でしょう。

石川遼(いしかわりょう)くんです。

「マンシングウェアオープン KSBカップ」というプロのトーナメントに出場した当時アマチュアの石川遼くんは、最終日7打差を逆転しての優勝を記録。

日本最年少でのツアー優勝を飾り、あっという間に日本のゴルフ界の、そしてスポーツ界のスターダムに駆け上がりました。

当時は「ハニカミ王子」という愛称で呼ばれていましたね。

その後、2008年の1月にプロ転向を発表し、同年4月にプロゴルファー資格を獲得し、石川遼くんはプロの仲間入りをしました。

5戦連続予選落ちなど、プロの壁にぶち当たりつつも、その後着実に力をつけ、2008年11月にはプロ転向後初勝利を飾り、更には賞金1億円突破、年間賞金獲得額第5位、新人賞、ゴルフ記者賞、MIP賞とこの年の話題を独占。

圧倒的なまでの存在感を見せつけています。

そんな遼くんだけでなく、現在ゴルフ界はスターが沢山います。
男子プロでは、2008年度賞金王の片山晋呉さん、女子プロでは宮里藍さんや横峰さくらさん、上田桃子さん、古閑美保さんなど、数多くの有名プロがしのぎを削っています。

こういった沢山のプロが活躍した効果で、現在ゴルフコースにはこれまでとは比較にならない数のギャラリーが詰めかけています。
特に、遼くんの出場する大会のゴルフコースは、ギャラリーで埋め尽くされています。
ただ、こういったギャラリーのゴルフコースにおけるマナーの問題なども発生していて、全てが良い方向に向いているわけではないようです。