初めてのゴルフコース > バンカーでのマナー

バンカーでのマナー

ゴルフコース上で最も有名な障害は、恐らくバンカーでしょう。

あまりゴルフを知らない人でも、聞いた事がある言葉かと思います。

バンカーというのは、ゴルフコース上に設置された砂場の事です。

なだらかなものからすり鉢上になっているものまで、形状や砂の柔らかさはそのゴルフコース次第です。

一種の障害で、ここに入ると遠くの距離に飛ばすことができなくなるばかりか、状況によっては出す事すら難しくなります。

初心者の方は、よくこのバンカーに入れやすいです。

そういう風に設計されています。

バンカーに入れてしまったら、バンカー内から次のショットを打つことになります。

いわゆるバンカーショットと呼ばれる一打になります。

技術的なことはここではおいておくとして、バンカーに入る時、出る時のマナーをしっかり覚えておきましょう。

バンカーに入る時は、土手の一番低い場所から入る事を心がけておきましょう。

トラブルになっている状況なので、気が動転して忘れがちなマナーです。

入る位置は統一しておいた方が、整備もしやすいでしょうから。

この際、レーキという砂をならす道具がバンカーの傍にある事を確認してください。

バンカーにはほぼ確実に置いてある道具ですが、ないこともあります。

バンカーショットを打ち終わったら、砂場をしっかりレーキでならしておきます。

自分が踏んだ場所やボールがあった場所を平坦にして、レーキを元の場所に戻して、速やかに出ましょう。

レーキをバンカーの中に放置する事がないよう注意してください。